はらっぱこびとのおうち

harappako.exblog.jp
ブログトップ

子どもご飯

昨日、ものすごく体調が悪くて
夕飯を作らなくちゃと思うのに身体が動かなくて
時間だけが経っていく…
ああ、どうしようと思っていたのだけど
思い切ってお兄ちゃんに『ご飯炊いて〜』とお願い。

てきぱきとお米を計って、洗って水に浸して
う〜ん、頼りになる♪

妹には空豆をグリルで焼いてもらう、
だんだんグリルが熱くなって小さい子には難しいから
その後のお魚を焼くのはお兄ちゃんの仕事。

その間に妹には胡瓜を切ってもらって、お味噌を添えて一品
その間にご飯も炊けて、炊きたてご飯♪

生協さんから届いたばかりの山芋でとろろご飯と
なかなかのごちそうになりました。

はらっぱではお誕生日会の時に、みんなでお誕生日の子の好きなものを作って
頂くのだけど、ちゃんと年齢に応じた役割があって、包丁も簡単なものから挑戦!
手慣れたもので、殆ど安心して任せられます。

作ってもらっているうちに、だんだん元気も取り戻して
「ああ、作ってもらったご飯はおいしいな〜」と私
「自分たちで作ったご飯はおいしいな〜」と子どもたち
楽しい夕食に成りました。

みのり
[PR]
# by harappakobito | 2010-05-20 05:41 | 子どもらのこと

24日は、はらっぱベーカリー&はらっぱ市

来週24日は、はらっぱベーカリー&はらっぱ市を行います。

はらっぱ母さん、お店に卸しているOG、知人の自慢のパン、焼き菓子を販売します。バザーでもあっという間に完売するほどおいしいパンと焼き菓子が並ぶ光景は、想像しただけでも今からワクワク。

それと同時にはらっぱ市も。こちらはリサイクル市のようなもの。家で眠っているものや小さくなった服などを持ち寄り、新しい持ち主さんに渡そうと思っています。それから、消臭スプレーやたんすの中に入れて使えるサッシュも用意しています。梅雨の季節や気になる臭いに使えますよ。

散歩しながら、ちょっとのぞいてみてくださいね。


by みゆき
[PR]
# by harappakobito | 2010-05-19 05:45 | イベント

風の中で

はらっぱ母さんの手帖でもあったように

今日は本当に風の強い一日でした!


お迎えで、子どもたちにご対面すると、

なんだかみーんなケムたい感じ(笑)

ニッコニコなんだけど、ケムたい感じ。


よくよく見ると、

子どもたちの顔やら身体がすすけてる。

なるほどね、

今日も三角に巻き起こった白い砂ほこりの中で

いっぱいいっぱい遊んだんだね♪

きかなくったって分かっちゃう☆

たくさん汚して、真っ黒になって、楽しかったね!

子どもが汚せば汚すほど、ニヤニヤしちゃう。


そして、保育後にいつもの通り三角で遊んでいたら

あまりの強風で自転車がバッタバタとドミノたおし状態!!!


普段、子どものお手本になるように・・・となるべく意識しているので

道端に倒れた自転車は、基本直すのだけど

今回は直しても直しても、直したそばから倒れていく~


そして、子どもと考えた。

そうだ、風が進む向きに自転車を置けばいいんだ!


井の頭池の方に自転車の先を向けて並べたら、

自転車はどんな風にもびくともしなくなった。


ふむふむ。

これぞ、実体験☆


あいこ
[PR]
# by harappakobito | 2010-05-19 00:19 | ある日のできごと

母の日のお祝い

先日、待ちに待った!母の日のお祝いをしていただきました。

そう、「待ちに待った」のは、親はもちろん、きっと子供たちもなんだろうな~

というのも、
ずっと前から、子供たちはなにやら準備をしている「風」・・・

本当は、準備していることも内緒だったようで
でも言いたくて言いたくて、

「あのね~今日ね~絵の具でね~・・・なんでもない!(ニヤリ)」

息子の手や洋服には青色の絵の具がこっそりついていて。

でも、見ないふりしてあげました(笑)


そんな念願の当日、
保育室にはドキドキ・ソワソワ・キラキラの子供たちの顔!

元気な歌声とニッコニコの笑顔!

内緒にしていたプレゼントを
大好きなお母さんに早くみせたくて、みせたくて、
ついついフライングしちゃったり♪

1週間かけて仕上げてくれたプレゼント、
そして、子供たちからもらったあったかい抱っことほっぺスリスリ、

みんな、みーんな、最高のプレゼントでした!

母の日、万歳☆
はらっぱ、大好き☆

すべてのものに、ありがとう!


あいこ
[PR]
# by harappakobito | 2010-05-17 23:50 | イベント

おひさまオーブン

我が家のはらっぱまでの通園路は、ほぼ半分が井の頭公園内だったりします。

毎朝、井の頭公園の文化園付近から公園へと入り、
池を半周するように自転車を走らせ、
途中、ひょうたん橋や
子供たちが「トロール橋」と呼ぶ橋を「今日はどれにする?」と日替わりで越えて、
子供たちが枝や木の実などのカワイイお供えをするお地蔵さんに「おはよう」の挨拶をして、
三角広場を横目に見ながら、園舎へと向かいます。

GW前までは、まだちらほらピンク色の桜が残っていた公園内も
GW後にはあっという間に濃い緑色の自然のカーテンに早代わり。
初夏の強い日差しを和らげてくれる、
その植物の力強さに、一日のパワーをもらっています。

今年の4月はお日様に恵まれず、
登園日になるとなぜか雨が降る・・・
でも、子供たちにはそんな天気のことなど気にも留めず、
それでも元気に手をつなぎながら楽しそうに雨の中をウキウキお散歩していました。

そんなお天気が続いて、GWが明けて初日、
やっとやっとお日様に愛された日、
子供たちが大好きな三角のどろんこキッチンは「おひさまオーブン」に!

「おひさまオーブンをみにいこうよ!」
保育後、子供に手を引かれながら行ったその先には

調理中のメニューがいっぱい。
どれもこんがり、よーく乾いてとってもおいしそうでした。
私的には、小さな石ころがいっぱい混ざったスコーン?クッキー?
みたいなのが1番おいしそうだったなあ。

雨でも楽しそうだけど
晴れると三角広場でいっぱい遊べるから
子供たちもおひさまみたいにピカピカ~
今日も晴れるといいね!

あいこ
[PR]
# by harappakobito | 2010-05-12 05:14 | ある日のできごと

ちょっと恥ずかしかった事

昨日洗濯物をたたんでいたら、それを見ていた娘が
『パパの洗濯物だけ、ぎゅっとして、ママは本当にパパが好きなんだね〜』と!

いや、単純に大きいから折り曲げる時に胸を使っただけなんだけど…
『ただ長かったから…』というのも変だし
『いやそんな事無い…』と否定するのもこれまたおかしいし

ママはパパが大好きという事に満足して、にこにこしている娘の顔を見ると、
『う、うん、そうだね・・・』と答えてしまったけど、
なんだか恥ずかしいな〜(笑)

みのり
[PR]
# by harappakobito | 2010-05-11 04:35 | ある日のできごと

ち・つ・じ

GWからさわやかな五月らしいお天気が続きますね。うれしい・・・

庭のツツジも、いっぱいに濃いピンクの花を咲かせ始めました。
ガクをとったら蜜が吸えるので、
子どもたちに人気です。

この間、はらっぱからの帰り道、

「◯◯(自分の名前)はぁ、チ・ツ・ジのこと、
ずっとヒ・ツ・ジ、って言ってたけど、
ほんとうは
“ち・つ・じ”だよね、ちつじ。」
と感慨深げ。

来年は、「ずっと“チ・ツ・ジ”って言ってたけど・・・」って話が聞けるのかな。

あきつ
[PR]
# by harappakobito | 2010-05-09 06:53

初、初、

新しい家族を迎えて、はじめての週
保育の間にTさんのお宅で初お茶会♪
そして、翌週は初っぱな、初全体ミーティング♪

お茶会は自然素材で作られたTさんの気持ちよいリビングの空間にひたすらなごんで、
皆それぞれに持ち寄った手づくりお菓子や、おすすめおやつを堪能しました。
あきつさんのプロ並みのイチゴタルトは言うまでもないのですが、新しいお母さんの手づくりお菓子は新鮮でした〜。
ふわふあのココアケーキ♪美味しかったです。

初全体MTGも始まってからの期間が短いながらも、イベント続きなので子どもたちの新しい様子がとても可愛かったです。
久々の春の歌達
私ははらっぱの歌が大好きなので、メモを取って殆どおぼえています。
すみれ、
お花が咲いてるね、
はなののののはな、
春だよ春だよ、
ちょうちょのように、
ピョンピョントゥララ、
森の中の、
とっとこと、
小さな庭…
あ〜、新しい春が来たんだなってワクワクしますね

子ども達は『小さな庭』が大好き、私も大好き♪
保育者の先生のフリつけがまた面白くて
始まりの日に帰り道Tさんのお宅にお邪魔した時、2人年長が並んでやってたっけ
家では私もついつい一緒になって一生懸命やってしまうのでした。

みのり
[PR]
# by harappakobito | 2010-04-20 21:43 | ある日のできごと

新しい春!

c0183761_1434731.jpg


ちょっぴり遅れて、はらっぱにも新学期がやってきました。
なりたて年長となりたて中こびと(年中)で迎えたはじまりの日
子どもたちはちょっぴり大きくなった自分たちになんとか届こうと背のびがいっぱい!

そして翌日はいよいよ新しいちっちゃこびと(年少)の登場
どんな子なのかな〜?
『あたし、どんな子か知ってるよ〜』と中こびと
ほんとかな〜?

『きた!』の瞬間全員が狭い戸口に集まって押し合いへし合い
入ってくる方はまたドキドキだよね
『リュックが重くて靴が脱げないなあ』とつぶやいたとか。

今年は少し寒い日が続いたので、なんとか晴れたこの日
はらっぱの裏の桜の木にもまだまだ花が残っていて、新しい家族を出迎えてくれました。

さて、どんな1年になるのか、先生からミーティングで子ども達の様子を聞くのが楽しみです♪
[PR]
# by harappakobito | 2010-04-17 19:33 | 子どもらのこと

はらっぱ園メールマガジンはじめました。

今年の桜はゆっくり楽しむことができましたね。
はらっぱ園のあたらしい春がはじまりました。
今年度もよろしくお願いいたします。

〜はらっぱ園便り〜メールマガジンを始めました。
登録は園のHPからお願いします。→http://www.harappa-en.org/merumaga.htm
イベント情報や季節のお便り等お伝えしたいと思います。お楽しみに。

ayako
[PR]
# by harappakobito | 2010-04-16 22:29

卒園そして・・・

1週間前は卒園式だった。

ずっと手を握って半分抱きついていた入園式から3年が経った。
入園してすぐの頃、帽子を脱ぐのが嫌だといってずっと帽子をかぶっていたり、リックをおろしたくないと1日背負っていたり・・・帰りの電車の中では、眠ってしまって抱きかかえて帰っていた。
思い起こすといろんなことがあった。ひとつひとつの出来事が懐かしい。

少人数の輪の中で、みんな兄弟のように育っていった。誰かが休みの時は、「大丈夫かな」と心配して家でもお祈りしていた。

きらきらしている子どもたち、子どものことを考え、これ以上の保育はないと思えるような毎日を過ごし、運営をともに考える母たちとの温かな空間、そこから旅立つのがつらかった。喜ぶべきことなのに、あまりにも居心地が良くて、ずっとそのままでいたかった。こう書くと思いを残しているようで嫌なのだけれど、それほど私の中では、大きな存在だったのだと思い知った。こんな風に思えるほど、魅力的な園にいたんだ。長男の卒園の時も切なかったけれど、次男がいたからまだ大丈夫だった。卒園して終わるのでなく、心の中にいつまでも輝き続けるのだ。大切な想い出を持つことができて私は幸せだなと思えて、やっとPCに向かうことができた。

卒園した次男は、もう小学校のことを楽しみにしている。この3年の間に植えた種からどんな芽が出て、どんな花が咲くのか心待ちにしていよう。いろんな花が咲くのだろうな。早咲きの花もゆっくりの花もそれぞれのタイミングで花を咲かせるだろう。眩しいだろうな。数年後の楽しみがまたひとつ増えた。
[PR]
# by harappakobito | 2010-03-25 20:56 | 子どもらのこと

旅立ちに向けて

いよいよはらっぱでも年長さんの卒園の季節がやってきました。
今月の最初の週に、葉山への卒園旅行を終えて、すっかり卒園生になった年長さんたち。

明日は葉山という日、お迎えの扉が開いた時、
『明日葉山へいきます!』と宣言するのですが
2年前に葉山に行った長男は、その日お腹が痛くて小学校をおやすみしていたのに、葉山と聞いてどうしても我慢できず、私と一緒にお迎えに向いました。
そして、年長さん達に『葉山にもう一度行きたい』って何度も繰り返していました。
3年間兄弟の様にくっついて、泣いたり笑ったり、お互いの関係を築いて来た子どもたちが一緒に初めての一泊旅行に出かける。
そこにはこわ〜い大女や、楽しい海岸での貝拾い、いままで見た事の無い『うみうし』などの生物との出会いや、葉山ならではの冒険があって、思い出してもわくわくするそうです。

そして葉山から帰って来たら、版画の仕上げ、そして卒園式。
ちっちゃかった子どもたちが、小学校に行ける程しっかりそだって
自信を持って出て行いきます。
その顔は本当にこれから先への希望に満ちていて、ピカピカの笑顔です。

大事な大事な最後の日を失敗しない様にって送る私もちょっぴり緊張しながら
こころも一緒に準備をしています。

みのり
[PR]
# by harappakobito | 2010-03-18 07:23

日登美さんトークショー&サイン会開催!@新宿

はらっぱ園主催ではないのですが、、、

いつもはらっぱ園のお茶会に来て下さっている、
おなじみの日登美さんの新刊を記念に、
新宿でトークショー&サイン会が行われるようです。

よろしければぜひどうぞ!

ブックファースト新宿店・1Fブルースクエアカフェ内イベントスペース

3/14(日)午後2時~午後3時30分

詳しくは
http://www.book1st.net/event_fair/event/page1.html#a_180

日登美さんの公式ブログも始まっているようです。
早速読者登録してしまいました~(^^ゞ

http://ameblo.jp/mountain-wave/

お料理レシピなどまめにアップされていて、
おいしそうなものいっぱいのブログです。
日登美さんのコメントもたびたび入っていて、
日登美さんに近くなれる気がしますよ(^_-)-☆

それから3月23日(火)のはらっぱ園のバザーにも
日登美さんがかけつけてくれるという噂も。
しかも日登美さんお手製の焼き菓子などを
販売しに来て下さるようです。(^^)/
もちろんお子さんの体調などの具合で、
確定ではありませんが、はらっぱ園や
三角広場で日登美さんに会えるチャンスかも!?

byそのこ
[PR]
# by harappakobito | 2010-03-10 15:14 | イベント

3月23日火曜日 春のバザーやります!

c0183761_6495395.jpg

3月になりました、春のバザーのおしらせです。
今回は、布芝居「なにぬの屋」さんが公演に来てくださいます。
小さなお子さんとお母さんに、ゆかいで楽しい時間を過ごしていただけたらと思っています。
**************
はらっぱ園の楽しいつどい 《 春のバザー 》
わたしたちのちいさなおうち・はらっぱ園では、
日頃あたたかく見守ってくださる皆さまへの感謝を込めて、
また興味を持ってくださる方々とつながっていたいと春の楽しい催しをいたします。
はらっぱの母さんたちや保育者、ゆかりの人たちが集まってひらくバザーです。
今回初登場「なにぬの屋」さんもやってきます、お楽しみに!
春のやさしいあたたかさを感じる一日、はらっぱ園に遊びに来ませんか?
お天気がよかったら、そのまま三角広場へお散歩も心地よいですよ。お待ちしております!

とき  3月23日(火)

じかん 10時30分~13時

ばしょ はらっぱ園園舎

○おみせ
はらっぱ母さんの手づくり小もの/アムリタ商店・シルク、貴石などの雑貨とモローさんの絵の販売/小さな女の子のためのヘアアクセサリー/版画の絵本とカード/
お野菜たっぷり春のスープ、おむすびと天然酵母パン、手づくり焼き菓子/etc…
リサイクルコーナー(※出店内容は変更になる場合がございます)

○こどもたちのおたのしみ「なにぬの屋」さんの 『おさるとかえるのもちころがし』
   *開演時間:第1回11時00分〜
         第2回12時00分〜
(定員あり。当日受付にてチケットを購入してください。大人300円 子ども200円※1歳以下無料)

布で作った紙芝居『なにぬの屋』:子どもの頃紙芝居屋がやって来た・・という記憶はない私ですが。「紙芝居」と聞くとなぜかワクワクする!おじいちゃんもおばあちゃんも子どもも大人も、近所の人もその場に居合わせた人たちが一緒に楽しめる!のが紙芝居の魅力だなあと思います。地域の中にそんな『ワクワクする空間』を『出前』できる現代の紙芝居屋になりたくて「なにぬの屋」をはじめました。

演じ手《渋沢やこ》プロフィール:社会福祉学科を卒業後、2年間世田谷区のプレーパークのプレーリーダーを務める。その後劇団風の子付属国際児童演劇研究所にて演劇を学び、全国を巡演。退団後、フリーでの舞台出演を経て現在は劇団京楽座所属。保育士免許取得。
ブログ→http://naninunoya.cocolog-nifty.com/blog/

○はらっぱ園のご紹介 
入園や保育内容に関するご質問などにお答えします。 

【はらっぱ園とは】
はらっぱ園は2003年の春、シュタイナー教育と自然育児に共感する親たちの手で始められた自主運営の幼稚園です。
子どもたちは、小さな一軒家でゆったりと過ごしたり、自然豊かな井の頭公園三角広場で、季節の恵みをいっぱいに浴び、
心もカラダもたっぷり動かして遊んでいます。
親たちと保育者…大人たちは、共に子どもらの育ちを見つめ、喜び、子どもらとの日々を大切に紡いでいます。
ちいさなひととお母さんのしあわせ。はらっぱ園では、この思いを共有したいとちいさな活動も行っています。

*ご来場にあたってのお願い
・はらっぱ園には駐車場、自転車置き場がございません。
三鷹台駅周辺にあるコインパーキング、三鷹台駅の駐輪場等のご利用をお願いいたします。
・お買い物袋、靴を入れる袋をお持ち下さい。
・当日は混雑が予想されますが、園舎が住宅地にあるため、近隣の住民の皆様へのご配慮をお願いします。

[PR]
# by harappakobito | 2010-03-02 21:18 | イベント

誕生日会

先日は子どもの誕生日会が園で行われた。お誕生日の子どもの母が子どもたちといっしょに、1日園で過ごす特別な1日。
年長で1番遅く誕生日を迎える息子は、早くその日が来ないかとずっと待っていた!

当日目が覚めた息子は、布団の中でにんまり。「今日はいい日!」声が1オクターブ高い。

何をするにもニコニコ。「早く行こうよ~。」とさっさと身支度をして何度も声をかけてくる。

園に着くと「おめでとう」の声に迎えられる。まず、お昼ご飯作り。子どもの好きなメニューをみんなで作る。今年は、子どもの好きなマカロニ入り具沢山スープ、そしてお楽しみクッキー。野菜を洗って、白菜をちぎったり、猫の手でトントンと包丁を握り、野菜が切られていく。素早く準備が進む。すごいなあ。こんなにできるんだ~。だから、家でもお手伝いしたがるんだと納得。クッキーは家にたくさんあったバナナとココナッツを入れて、みんなで混ぜて作った。お昼が待ち遠しい。

ろうそくをつけ、おなかの中にいた時から今までの子どもの成長を振り返る。1歳の時は、いつもスリングに入っていたなあ。・・・たくさんいたずらをして、ここまで大きくなったんだ。どんなに待ち望んでいたことか。生まれてきてくれてありがとう。

みんなで食べるご飯もおいしい。家のこと、兄弟のこと、お母さんのこと、いろんな話をしながら食べた。

子どもたちは、園の生活の中でのびのびと羽を広げている。どの子も眩しい。どんな風に大きくなっていくのかなと楽しみになる。

帰りの時間がやってきて、子どもたち1人ひとりが持ってきてくれたお花を抱え、家路につく。あっという間の時間だった。でも心が満たされた時間だった。卒園した長男も誕生日会が大好きだった。次男は年長だからもう園での誕生日会は無いのだと思うと切ない。
素晴らしい時間をありがとう。

byみゆき
[PR]
# by harappakobito | 2010-02-28 00:51 | ある日のできごと