はらっぱこびとのおうち

harappako.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

浅利眞さんの防犯講座『専門家にきく子どもの安全最前線』

「子どもへの防犯教育によく使う言葉、『不審者』
では、不審者とはどんな人ですか?
簡単に子どもに説明することができますか?ここにいまの防犯教育の問題点が隠されています。

子どもが被害に遭う犯罪の脅威に対して私たちは不安を感じ、恐れます。
しかし、不安と恐れだけでは次の犯罪は防ぐことはできません。
適切な知識を知り、継続した活動が次の犯罪を防ぐことができます。
今回のセミナーで次の犯罪を防ぐためにいまできることを解説します。(浅利眞)」

この10年間、私たちを取り巻く犯罪の状況は刻々と変化しています。
そのスピード、凶悪化には愕然とするばかりです。
現在の日本における犯罪の多発、治安の悪化、特に子どもへの凶悪犯罪の増加はなぜなのか。
新聞やニュースからはつかめない、現代日本の犯罪状況の背景について、危機管理・セキュリティー
コンサルタントの浅利眞さんに解説していただき、いま子どもを守るために何を知り、何をするべき
なのか、共に考えていきたいと思います。

日時:2009年1月27日(火)午前10時〜午後12時(受付 9時45分より)

場所:吉祥寺南町コミュニティセンター1Fけやき
   (武蔵野市吉祥寺南町3-13-1.TEL:0422-43-6372 http://www.komisen.org/minami-c/)

お申し込み:はらっぱ園母の会 中島 
      メール: info@harappa-en.org fax:0422-71-0421
     ※あらかじめメールまたはファックスでお申し込みをお願いします。
       ファックスの場合は平日の14:00以降にお願いします。
       託児はございませんが、お子さまと一緒に聴講できます。

料金:前払い 1500円 当日 1800円
   前日までにお振り込み後、当日受付に振込の控えをお持ちください。
    チケット代わりになります。振込手数料はご負担をお願いします。
   【振込先;東京三菱UFJ銀行 吉祥寺支店220普通0007029はらっぱ園景野美紀】
       
【講師プロフィール】
浅利眞(有)クライシスインテリジェンス代表取締役。
(http://www.crisis-int.co.jp/about/profile)
7年間陸上自衛隊に在籍後、民間の危機管理支援のための組織、クライシスインテリジェンスを設立。
犯罪、事故、災害、テロの危機から「人を守る」をコンセプトに自治体、企業、学校を中 心にコンサル     ティングを行う。
TV、新聞、雑誌にテレビ、雑誌においても危機管理について多数のコメントを出している。
著作『被害者の親と呼ばれないために 加害者の親と呼ばせないために』(金の星社)
[PR]
by harappakobito | 2008-12-25 21:12 | イベント

さんかくであそぼ&クリスマスバザー無事終了!

一昨日22日は今年最後のはらっぱ園のイベント
『さんかくであそぼ&クリスマスバザー』の日でした。
ちいさな園舎にびっくりするくらい大勢のお客さま。小さなお客さんもたくさん。
冬ならではの澄んだ空気に満ちた三角広場では、
はらっぱの子どもたち&母さんたちが小さなお友達を待っていました。

今回初めての試み、人形劇団ぱんせの人形劇も大好評で、
会場の園舎の二階はぎゅうぎゅう。
棚からはみ出して置き場のない程たっぷりご用意した、
すべて手作りのパン、焼き菓子、おむすびはひとつ残らず完売。
寸胴鍋いっぱいに煮込んだ特製スープも完売。
そのほか、ちくちく羊毛のお人形の実演販売には子どもたちが興味しんしんでしたし
毛糸やフェルト、あたたかい素材の小物の販売、
お母さんのためのヒーリングスペースとして、
ハンドマッサージ、フラワーエッセンス、カラーセラピーのブースも
それぞれお楽しみいただけたことと思います。
そうそう、リサイクル品コーナーも掘り出し物、格安品ざくざくで、
にこにこ顔のお客さん続出でした。

ただスペースと人手の関係で、じっくり見られなかったり、
会計をお待たせしてしまったことが、とても申し訳なかったです。
でもみなさまそれぞれゆったりマイペースいらして、
トラブル等起きなかったのもそのおかげかと感謝しております。

実ははらっぱ園のバザーは数年ぶりの久しぶりのイベントでした。
それでもこんなにいろんな方が大勢来てくださったことがとてもうれしかったです。
心からの感謝を込めて、ありがとうございました。

さてこのあと年明け一月には、
危機管理専門家 浅利眞(あさりまこと)さんをお招きして、
講演会『専門家にきく 子どもの安全最前線』
を開催いたします。

どうしてはらっぱ園がこういう講演会を? と思われるかもしれません。
子どもの安全は親としていま取り組まなくてはならない問題です。
ただ、母として正面から向き合うのが重く、つらい事柄であることも事実です。
そんなときこそ専門家の力を借りたいと私たちはらっぱ園の母たちは考えました。
勇気を出して、足を踏みしめ、
知るべきことを知り、するべきことをする。
きっと、その一歩が踏み出せる機会となることと願っています。

さあ、今年最後の大イベントも終わり、
はらっぱの子どもたちも母さんたちもゆっくり冬休みです。
クリスマスにお正月。家族や親戚、古い友人たちとすごす時ですね。
みなさまも良いお年をおすごしくださいますよう!
[PR]
by harappakobito | 2008-12-24 09:18 | イベント

1月のワークショップ「1月の草木染め〜毛糸を染めてみよう」

寒い季節には、心がほっこり温まる手仕事が最適ですね。
今回はその手仕事にちょうどよいウールの毛糸を
スオウという植物で草木染めをしてみましょう。

おうちでもできるような安全な材料とレシピで
温かみのある、優しいピンクに染めてみたいと思います。
染めた毛糸は何にしましょうか。
編みぐるみ、マフラー、何かのアクセント、、
もちろん毛糸のまま眺めているだけでも思わずにっこり。
小さな人とともに心が和むのが感じられるでしょう。

当日染めた毛糸はお持ち帰りいただけます。
また火を使いますので、小さなお子様連れの方はどうぞ
お気を付け下さいね

日時   1月19日(月)10:30〜12:00
費用   2500円(材料費、ハーブティー、レシピ,お持ち帰り毛糸20g付き)
定員   7名程度 ☆ お子様連れで参加できます。
場所   はらっぱ園
申し込み・問合せ 高森 takamori@dg.mbn.or.jp
  ※必ず確認のメールを差し上げますので、返信の無い方はお手数ですがもう一度ご連絡ください。
[PR]
by harappakobito | 2008-12-23 17:46 | イベント

今日は大掃除♪

今日は我が家は大掃除の日。
私はキッチン(主にガスレンジ付近)、そして夫と長男と次男は
毎年、窓ふきと障子貼りが彼らの仕事。

窓ふき用のガラスクリーナーはお手製のもの。
と書くと「すごい!」気がするが、いえいえ、
スプレーボトルに、炭酸水を入れただけ。(^^ゞ
(お手製とは言わないですね)

我が家のお掃除用クリーナーのバイブルは
数年前に購入した
カレン・ローガン著佐光紀子訳
「天使は清しき家に舞い降りる」集英社刊。
重曹や液体せっけん、クエン酸、時にはアロマオイルなど
安全な材料で手軽にできるレシピばかり。
その方面では比較的初期の本かな、と思います。

もちろん今回のガラスクリーナーもその本から。
子どもたちは喜んで、炭酸水を2本買いに行き、
「残ったらガムシロップを入れてサイダーにしよう♪」
結局、ガラスを8枚分磨いたらほとんどなくなってしまい、
サイダーにはならなかったけど。笑

シュッシュッとスプレーして、キュッキュッとぼろ布で磨いて、
最後はスクイージーでスーッと上から下へ。
そして窓の”さん”もしっかりやってもらう。
今年からは夫も子供たちに任せることにしたので、
出来栄えはそこそこ(こんなこと本人たちに言ったら!)
だけど、毎年毎年見守っていきたいと思う。(^.^)

そしてメインの障子貼り。
子どもたちがなぜか毎年楽しみにしている仕事。
今年中学生になったということもあり、
長男に「今年から君に任すよ」と仕事のやり方を伝えている。
「狭い」「やりにくい」「(三男が)じゃまする」と文句をいいつつ、
次男と一緒にやりきった。

こどもたちが比較的主体的に障子貼りを始めたのは今から
3年ほど前からだろうか。もちろんそれまでも夫がやっているときは
楽しみで手伝いたくて仕方がなかった仕事。
特別な感じがいいのか、出来上がっていく過程が楽しいのか、
子どもってこういうことが好きなんだよなあ、と思う。

そして最大の収穫は、障子を大切にするようになったこと。
かといってそれまでも「障子を破っちゃダメ!」と言ったことはない。(と思う 笑)
男の子だもん、仕方ないよな~というのが実のところ。
それまではどったんばったん、何しろエネルギー有り余る
男の子たち。しょっちゅうびりびり、半年を過ぎる頃には
目も当てられない状態に。それが自分たちが張ったもの、
という誇りなのだろうか、めったなことでは破れなくなった。
とはいっても我が家は来月末に4歳になる、これまた元気な
三男がいるし、小さい人づれの来客&友人も数多いので、
もちろんきれいなまま、というわけにはいかない。
でも、障子の近くで棒などを振り回している三男に、
「障子が破れるからやめて」と注意している。
自分たちが同じくらい小さかった時にはひどかったのにね。笑

もちろん素人仕上げなので見栄えはいまひとつだけど、
でも、私は男仕事を横目で見るのが毎年のひそかな楽しみ。(^.^)

そしてこういうとき我が家は無理せずお昼は近所のスーパーのお弁当。
夫と三男が買ってきてくれた。
ガスレンジが使えないし、テーブルもモノでいっぱいなので
それぞれがキリの良い時間にお弁当を食べる。
今日はお天気もよく、温かかったので子どもたちは外の駐車場で
食べた。(それもおいしいね)

そして今日はおりしも冬至。
「冬至にかぼちゃを食べると元気に過ごせるんだよ」と
子どもたちに伝えます。
夕食はさんまの塩焼き&大根おろしにかぼちゃといんげんの煮物、
厚揚げと玉ねぎの照り煮風、ごはん、お味噌汁
さんまは上の二人がさばきます。なぜか内臓取りも
彼らに人気の仕事。二人で2尾ずつ分け合います。
おかげで私は手も臭くならず、楽ちん。笑

そしてお風呂はゆず湯。他のはらっぱ母さんに頂いたゆずです。

ああ、お疲れ様でした。今日もありがとう。
家族で大掃除、疲れるけど私の大好きな時間です。

そして、明日ははらっぱのクリスマスバザー♪
曇りだけど暖かい1日になるそう。

たくさんの方に来て頂けますように。そして楽しんでいって下さいますように。

おやすみなさい。
(ハンドルネーム:そのこ)
[PR]
by harappakobito | 2008-12-21 20:15 | 掃除・洗濯

熊鈴(くますず)

間もなく冬至。
日の暮れるのが一年中でいちばん早い時期。
いつもは五時の鐘で帰ってくる子どもらですが、
この頃は少し早い時間に呼び寄せないと、
ほんの五分ほどで、すとんと日が落ちるから油断がなりません。
まさに「秋の日はつるべ落とし」ということわざどおり。

いくら子どもが家のごく近所で遊んでいるとはいっても、
呼び寄せるというのは、じつはあんまり簡単なことではないのです。

「◯◯〜、帰っておいでー」
窓を開けて、大きな声で読んでみるけれど、まずは返事があることさえ稀。
「◯◯〜、△△に、□□〜、時間だよ〜」
運が良ければ、ひとりくらい、反応がある。
すぐに声のしたあたりに駆けつけて、ひとり確保。
「◯◯と△△〜、すぐ真っ暗になるから、帰っておいで〜」
あたりをぐるぐる歩き回って、
ようやく近所の子らとしゃがみこんでお絵描きをしている△△を発見。
その頃には、火にかけっぱなしだったお鍋のことなんかを思い出して、
あわてて家に戻る。
すっかり日が沈んで、5時の鐘が鳴った頃に、
「あー楽しかった、すっかりおそくなっちゃった!」
とかなんとか言いながら、明るく◯◯が帰ってくる。
ああ、よかった・・・だけどこれが毎日。
毎日毎日定刻に、子どもの名前を大声で呼ぶのもなあ。
何かいい方法、ないかなあ。

とそんな頃。
今シーズンから山岳マラソンと称するものに入れあげて、
週末ともなればすかさず、奥多摩や高尾の山々に走り出かけてゆくお父さん。
「どうもこの間奥多摩に熊が出たらしくて・・・熊よけがいるんじゃないかと思うんだよなあ」
と心配そうにつぶやいていたかと思ったら、
そのうちうれしそうに、こんなの頼んだんだ、と持ってきました。
「富山のさあ、お仏壇の道具を作っている人が作っているんだよ。熊 鈴っていうの」
見れば、つやつやした金属のベル型の鐘。試しにチリンと振ってみると、
チリーンーーーーーーーー
そんなに大きな音ではないのに澄みきった余韻が響いて、
まるで周囲の空気まで清らかになるような、そんな音色です。

チリーン、チリーン、チリーンーーーーーーーーー
しばらく托鉢僧のように鈴を振って、聴き入っているお父さんを見ているうちに、
ふと思いつきました。
「それ、子ども呼ぶのに使ってもいい?」
「ん? いいよ」
という訳で、それから外にいる誰かを呼びたいときには、
熊鈴の登場と相なりました。

効果の方はどうかといえば、これが効く効く。
チリンチリンチリンーーーー
ほぼ一発で、「はあいはあい」パタパタパタパタ・・・
「ハアハア、聞こえたよ。くますず、ならした?」
「鳴らした鳴らした。はい、入ろうね」
長年の夕方の問題も、一気に解決。すごい! 熊鈴の威力。 

ただこれ、熊を驚かせて、逃げ出させるためのものじゃなかったっけ。
こんなにわらわら子どもが寄ってくるなんて、
熊と人間の子どもじゃあちがうけれど、いいのかなあ。

そんなふうに思わないでもないけれど、
どっちにしても時々用もないのにこっそり振ってみてしまう、熊鈴。
権威と信用を高めるためにも、鳴らしていいのは大人だけ、ということにしてあります。
(ハンドルネーム;あきつ)
[PR]
by harappakobito | 2008-12-19 11:29 | ある日のできごと

今日の三角

さすがに少し寒くなって来た三角
今日は11時半に遊びに来ている人は少ないです。

c0183761_20271144.jpg

それでも子どもたちは元気!シートを敷きに走って行きます^^

c0183761_20274811.jpg

まだまだ緑豊かな柳の木
落ちて来る枝はクリスマスシーズンにはリースにもなります。

c0183761_2028914.jpg

桑の実、栗の実、実りの豊かなどんぐり山、右へ左へ何ごっこ?

c0183761_20282952.jpg

とんぼも蝶も姿が見えなくなって来ました。
それでも網は必需品、何を捕まえるのかな?
お日様が出て来るととっても暖かい三角、子どもたちもだんだん洋服を脱いで薄着になります。

c0183761_202849100.jpg

今日も滝を流す相談かな?
ちょっとした坂も子どもたちには楽しい遊び場です。


今日もいっぱい遊んでいっぱい食べたよ
今日も美味しいスープを持って来てくれたよ、なんとカリフラワーとチャナベッさんのスープ!持って来てくれたお母さん、ケーキをいつもありがとうあきつさん
皆さんも是非遊びに来てね
(ハンドルネーム:きき)
[PR]
by harappakobito | 2008-12-08 20:25 | 三角であそぼ